電子かわら版コラム | ページ 2 | 認定NPO法人 環境市民

電子かわら版コラム | ページ 2

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。

  • 能登半島地震 原発に問題なし?

    この度の能登半島地震により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。 京都でも強い揺れを感じました。 ニュースを見てすぐに気になったのが原発です。 「特に問題ありません」と報じるアナウンサー。 本当にそうなのでしょうか。

    この記事を読む
  • 一人当たりのエネルギー消費量の削減を提案します

    ドバイで開催されていた気候変動枠組み条約のCOP28が12月13日に終了しました。 今回は、各国の気候変動対策の進捗状況を5年ごとに確認するとともに、 1.5℃目標達成のための緊急的な行動の必要性や2025年までの各種の取り組みが決定されました。

    この記事を読む
  • 冬の寒さを和らげる京都の過ごし方

    本格的な寒さがやってきました。 京都の冬は底冷えといって、体の芯まで冷えるゾクゾクする冷たさがあります。 このゾクゾクする寒さを乗り切るため、京都の冬には体の芯を温めるのに効果的ないくつかの方法があります。 それは……。

    この記事を読む
  • 鉄道は地域に元気を運ぶ

    「鉄道、乗る?」 「いや、乗らない。高いから」 「じゃあ安かったら乗る!?」 というわけで、たった100円で一日全線乗り放題。 近江鉄道沿線が地域全体で盛り上がるイベントに行ってきました。

    この記事を読む
  • さよならの後に残されたもの

    みなさんは水銀に関する水俣条約をご存知でしょうか。 その名の通り、水銀に関する条約で、水銀の採掘から利用、 廃棄に至るまでのリスクを低減することを目的として2013年に、熊本で採択されました。 つまり、今年は10周年。その記念すべき10年目に、私たちの暮らしに身近なあるものの廃止が決まりました。

    この記事を読む
  • まちにもっと自転車を

    先日、電車やバスの便数が少ない小さなまちへ出かけました。 到着駅から2つの目的地へ向かう移動距離は合計10km以内です。 そこで、自宅から持って行った折りたたみ自転車を利用しました。 秋晴れの下で自転車をこぐのは、とても良い気分でした。

    この記事を読む
  • 未来への希望をつなぐ気候マーチ

    「今年”暑すぎ”って思った人集まれ!」という呼びかけで、10月7日に京都で気候マーチが行われ、私も参加しました。 途中で高校生のグループが飛び入り参加してくれたりと賑やかなマーチとなりました。

    この記事を読む
  • 交通まちづくりを市民の手で

    滋賀で公共交通の活性化につながる新しい取り組みをはじめました。 すると、「交通税についてどう思いますか?」とメディア人から問われる機会が増えました。 交通税ねえ、みんなで支える仕組みを作るという意味ではいいと思いますが、公共交通の衰退はそれだけで解決するものではないですよねえ。

    この記事を読む
  • フィリピンの友人が語った今年の夏

    連日35度を超える猛暑。 みなさんはどうお過ごしでしたか。 「暑さで休校なの」。 フィリピンの友人が語る話に言葉を失いました。

    この記事を読む
  • 残暑お見舞い申し上げます

    毎年、暑くなってしばらくたつと、私は、口内炎や足の痒みなどの皮膚トラブルが増えてきます。 先日、左目の瞼に痛みを感じるとともに水ぶくれができたため、眼科へ行ったところ、ヘルペスだと診断されました。

    この記事を読む