認定NPO法人 環境市民 | だれもが参加できる環境NGO

ホットニュース

イベント情報

ボランティア情報

環境市民ブログ

  • [電子かわら版コラム] チームマイナス6%の時代から進歩してる?
    「身近な生活の中でできるカーボンニュートラルの取組」というお題で講演を依頼されました。 SDGsをテーマに学習会をすでに重ねてこられているとのことで、皆さんに普段の暮らしでどんなエコを実践しているかを最初に尋ねました。 「LEDへの交換」「待機電力のカット」「油を流さない」等々。 なるほどなるほど、いろいろされてますね。 ところで、それで何%減らせるかな? カーボンニュートラルの意味は、ご存じ?
  • [電子かわら版コラム] 押し入れで眠る蛍光灯
    先日、長年机で使っていた蛍光灯が切れました。 みなさんはどうやって使えなくなった蛍光灯を処分していますか。
  • [電子かわら版コラム] ゲームで環境活動を応援
    市民活動にかかわるというと何となく敷居が高いのか、 ボランティアしたいと環境市民の扉を叩く若者は少なくなっていると感じます。 でも関心がないというより一歩を踏み出すきっかけがないだけかも。 こんなかかわり方もあるなと思った出来事が……
  • [電子かわら版コラム] 廃食用油の行方
    最近は、設備の省エネ化や再生可能エネルギーの利用など、脱炭素化に取組む企業が増えてきました。 そのひとつとして、航空業界ではSAFと呼ばれる燃料に注目が集まっています。
  • [電子かわら版コラム] 普通の市民が国の補助金を取るのは無理!?
    ある市民活動で国の補助金を受けた中で、報告書の書類が足りないと事務局から指摘をされました。 「これにはこういう資料をつけてください。参加者全員の名前とその状況がわかる写真をつけて、それからあれとこれと……」 「えええ、そういうものが必要だったんですか!?」 「もちろんです、会計検査院はそういうところを見るんですよ!」 そんなの知らないよ、会計検査院なんて付き合ったことないもん!

環境市民Channel

エシカル&グリーンな商品やサービスをどんな視点で選べばいいのか、わかりやすく紹介してくれるのが、環境市民のマスコットキャクターとなった「ぐりにゃん」です。

ぐりにゃんは「えしかる荘」というアパートに住む猫のユーチューバーです。

毎回、いろんなゲストに登場してもらいながら、エシカルな視点を紹介してくれます。

どうぞ、ご期待ください。

環境市民の映像シリーズ

  1. 環境市民channel【脱原発編】
    ※この映像はパタゴニア日本支社 環境プログラムの助成金を活用しています。
  2. CEFエシカル荘

季刊マガジン「流れを変える」

Vol.9 特集:環境、人、生き物、平和を大切にした消費に

表紙 JR九州の豊肥(ほうひ)本線は阿蘇外輪山を越えて熊本と大分を結ぶ。写真は豊後荻(ぶんごおぎ)駅と玉来(たまらい)駅の間で、滝廉太郎の「荒城の月」で知られる竹田も近い。2012年7月には気候変動の影響か大水害で寸断さ […]
最新記事を見る