ブログ | ページ 2 | 認定NPO法人 環境市民

ブログ | ページ 2

  • さよならの後に残されたもの

    みなさんは水銀に関する水俣条約をご存知でしょうか。 その名の通り、水銀に関する条約で、水銀の採掘から利用、 廃棄に至るまでのリスクを低減することを目的として2013年に、熊本で採択されました。 つまり、今年は10周年。その記念すべき10年目に、私たちの暮らしに身近なあるものの廃止が決まりました。

    この記事を読む
  • まちにもっと自転車を

    先日、電車やバスの便数が少ない小さなまちへ出かけました。 到着駅から2つの目的地へ向かう移動距離は合計10km以内です。 そこで、自宅から持って行った折りたたみ自転車を利用しました。 秋晴れの下で自転車をこぐのは、とても良い気分でした。

    この記事を読む
  • 未来への希望をつなぐ気候マーチ

    「今年”暑すぎ”って思った人集まれ!」という呼びかけで、10月7日に京都で気候マーチが行われ、私も参加しました。 途中で高校生のグループが飛び入り参加してくれたりと賑やかなマーチとなりました。

    この記事を読む
  • 交通まちづくりを市民の手で

    滋賀で公共交通の活性化につながる新しい取り組みをはじめました。 すると、「交通税についてどう思いますか?」とメディア人から問われる機会が増えました。 交通税ねえ、みんなで支える仕組みを作るという意味ではいいと思いますが、公共交通の衰退はそれだけで解決するものではないですよねえ。

    この記事を読む
  • フィリピンの友人が語った今年の夏

    連日35度を超える猛暑。 みなさんはどうお過ごしでしたか。 「暑さで休校なの」。 フィリピンの友人が語る話に言葉を失いました。

    この記事を読む
  • 残暑お見舞い申し上げます

    毎年、暑くなってしばらくたつと、私は、口内炎や足の痒みなどの皮膚トラブルが増えてきます。 先日、左目の瞼に痛みを感じるとともに水ぶくれができたため、眼科へ行ったところ、ヘルペスだと診断されました。

    この記事を読む
  • 地球沸騰化時代

    「地球温暖化の時代は終わりました。地球沸騰化の時代が到来したのです。」 という、ショッキングな言葉で訴えたのは国連グテーレス事務総長です。 この強烈で切迫感ある会見は世界気象機関(WMO)と欧州委員会のコペルニクス気候変動局の発表を受けて発せられたものでした。

    この記事を読む
  • 奪われた夏

    梅雨が明け、夏休みも始まり、夏本番です。 それにしても暑い。 子どもの頃は夏休みと言えば、朝から夕方まで野外で遊び回っていた記憶があるのですが、近年は日差しがきつく、気温は高すぎ、エアコンの効いた屋内で大人しくするのが今どきの夏の過ごし方になっているよう。 うちわ、風鈴、川で冷やしたスイカ、蝉時雨と虫取りに興じる子ら、夕立の後の虹と冷たく変わった空気……。 夏というのはもっと風情ある季節のはずではなかったでしょうか。

    この記事を読む
  • 「君の名は?」聞かれた理由

    最近、ベトナムと韓国のファミリーとお友達になりました。 それぞれの家族と私の家族で一緒にご飯を食べた時のこと。 それぞれのファミリーの女性に奇しくも同じ質問をされました。 それは......

    この記事を読む
  • AIは、ドラえもんか、ターミネーターか

    今年に入って、インターネット、テレビ、雑誌、果てはG7でも話題になっているのが、「生成系AI」と言われる賢い人工知能です。 皆さんは、もう、試されましたか。

    この記事を読む